▲ホームへクリック!
詩文集 坂みち
著者 こやま けんいち
体裁 B6判/152ページ/ハードカバー
私家版

吹田市の文学サークル「展望台」を主宰する著者が80歳傘寿を迎え、自身の著書10冊目となる本書には、書きためてきた作品から、短詩20篇、詩10篇、随想5篇をまとめた。
戦前から戦後の故郷・吹田界隈の想い出、大切な命と大きな犠牲を払い必死で生き延びてきた市井の人々の思いが、さびしさとともにほのぼのとした心持ちにさせてくれる作品となって表されている。
前作は、『詩文集 時は流れて

お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで