▲ホームへクリック!
元気やでKOBE 神戸アジアタウンから
写真撮影 神戸アジアタウン推進協議会
まるごとアジアフェスティバル写真教室参加の人たち
写真撮影と解説 牧田清
メッセージ 新屋英子・黒田福美
発行 ひごろ書房/1997年1月発行
(ひごろ書房は、アットワークスにかわりました)
発売 株式会社タイムス
(お問い合わせ・ご注文は、アットワークスまで)
体裁 A5判変型・ 56ページ・ ソフトカバー
定価 本体1000円+税

  


在日韓国・朝鮮人を始め多くの外国人が共に居住する街。 日本を含めていろんな国の人たちが仲良くしていくために「アジア」という中身を知って ほしい、外国の文化を生かした街づくりをしようと、「アジアタウン」構想が始まり、「 まるごとアジアフェスティバル 今、神戸のアジアを知ろう、撮そう」が開催された。 写真家・牧田清が「愛するものたちを撮る」写真教室で解説し、神戸アジアタウンの人た ちが友だち・家族・仲間・街…愛するものたちを撮った。 「元気やで」「頑張っとうで」という表情をいっぱい。

    牧田清写真教室「愛するものたちを撮る」

    プロの秘密の手法を教えよう

    「日の丸写真」はダメ 

    ゴルゴ13のように

    プロは逆光で撮る

    撮りたい主役は前に置く

    カメラで友だちづくり

    写真をとおして交流の輪を

図書紹介記事

 統一日報(1997年2月13日)

 

 朝日新聞(1997年2月26日)復興ネットワーク

 

 毎日新聞(1997年3月22日)潮流97 自由席

 

読者コメント

 コメントを書く>>

●現在ありません。

お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで