▲ホームへクリック!
奇跡を拾って歩いて来た
ISBN978-4-939042-96-6 C0093
著者 山田 哲二郎
編集 朝日カルチャーセンター
発行 アットワークス/2014年4月発行
体裁 四六判・306頁・上製本
定価 本体1,500円+税

  

軍隊、女性、朝鮮人、被差別部落と複雑に絡む差別の構造に切り込み、どこまでが事実でどこからフィクションなのか分からないが、著者の戦場での体験をベースに描いた、時を経ても色褪せることのない人間ドラマ。第12回部落解放文学賞(1985年)佳作小説。

● 目次 ●
一  老人ホーム福寿園
二  ビルマ、メイミョウの街で
三  徴兵拒否
四  慰問隊を引率
五  “従軍看護婦”の朝鮮人
六  敗走行
七  菅野一等兵
八  いかだ漂流
九  敗戦
十  四十年目の再会〜36歳・21歳の思い出
十一 西陣の染織家、小森古老の下で
十二 若狭、門ヶ崎
十三 結婚
十四 釜山へ
あとがき


●著者関連リンク●

石居九美さん(著者の娘)ライブ

▼クリック拡大▼
憲法集会


■著者メッセージ「戦争加害者の立場で」 >>画像クリック拡大>>
同和問題啓発演劇として改題し劇化した『生ある限り』パンフレットより(1986年)

九条のうた / 山田愛美香
子どもの未来は子供のもの / 山田愛美香

読者コメント

 コメントを書く>>

 感動しました。当時の軍隊や戦地のことが描かれていて歴史の資料としても貴重だと思います。
 慰安婦問題の解決のために、一言、言わせて下さい。
・従軍慰安婦の問題は、女性への人権侵害事件です。なのに何が起こっていたのか、うやむやのままです。
・日本だけの問題ではありません。現在、世界で起こっている戦争の地で、再発防止のためにも何が過ちだったかを明らかにすべきです。過ちを繰り返さない歴史教育や人権教育をするためにも、子どもの権利条約のような国際的な法律の整備が必要です。(50代)

 大先輩の名前が書店のチラシにありました。20数年前に亡くなり、なぜ「今」と思い、本を注文しました。この本のおかげで、久しぶりに山田さんのことを思い出し、感激しています。出版していただき、ありがとうございました。(60歳代)

 八重さんと中田さんのラブストーリーです。悲運の恋、60才を過ぎて結婚するなんて! 今は高齢化社会だから、これもありかなって思いました。従軍慰安婦問題や竹島問題も、これを読んだら解決すると感じました。パクウネさんに読んでもらいたいです。明治近代の差別の構造? 私にはちょっと難しかったです。(^_^;)(20歳代)

図書関連記事

 新社会兵庫(215年6月9日 No.451)

▼クリック拡大▼
新社会

 旬刊社会通信

▼クリック拡大▼
社会通信

 月刊まなぶ

▼クリック拡大▼
まなぶ

 9条ネット滋賀ニュース 63号

▼クリック拡大▼
9条ネット

 労働情報(910・1/2015年5月1日&15日)

▼クリック拡大▼
労働情報

 科学的社会主義(No202/2015年2月)

▼クリック拡大▼
科学的社会主義

 解放新聞広島県版(部落解放同盟広島県連/2014年11月15日)

▼クリック拡大▼

 中日新聞滋賀県版(2014年11月7日)
   戦争体験 父の遺作出版  大津の石居さん
   人権テーマ 若い人に読んでほしい

▼クリック拡大▼

 新社会(2014年8月5日)本の紹介

▼クリック拡大▼

 解放新聞滋賀版(部落解放同盟滋賀県連/2014年5月12日)
   部落解放・人権確立に生涯を捧げた山田哲二郎さんの生き様から学ぼう!!

▼クリック拡大▼

 滋賀教育新聞(滋賀県教職員組合/2014年5月25日)本の紹介

▼クリック拡大▼

 解放新聞中央版(部落解放同盟中央本部/2014年5月26日)本の紹介

▼クリック拡大▼


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで