▲ホームへクリック!
墨俣一夜城の虚実 秀吉出世譚と『武功夜話』
ISBN978-4-939042-91-1 C0021
著者 牛田 義文
編集 朝日カルチャーセンター
発行 アットワークス/2013年6月発行
体裁 四六判・288頁・ソフトカバー
定価 本体2,000円+税

   

墨俣城をめぐる秀吉築城譚は、林羅山が幕命により編纂した『豊臣秀吉譜』にも詳述された「公知の事実」であり、軽輩者だった秀吉が蜂須賀小六ら無名の川筋土豪たちと「墨俣一夜城」から出世街道を驀進していく歴史の虚実。

● 主な内容 ●
第一章 序論
 
《太閤記もの》と《信長記もの》/年紀について/秀吉の受難と復権
第二章 幕府崩壊と新史観の誕生
 
新しい史観と『信長公記』/築城否定説と『武功夜話』偽書説の出現/通説と否定説のはざま
第三章 信長の築城
 
永禄三年の西美濃(墨俣)侵攻/永禄四年の西美濃(墨俣)侵攻/永禄五年の西美濃侵攻と挫折/信長の墨俣築城
第四章 西美濃から東美濃へ(永禄六・七・八年)
 
永禄六年、信長の動向/永禄七年ごろの信長/稲葉山城落城は永禄七年か同十年か/信長の東美濃攻略
第五章 秀吉の築城
 
[信長の築城]と[秀吉の築城]/[秀吉の築城]と古文献類/『太閤記』と『武家事紀』/永禄九年の墨俣築城/墨俣築城譚への主な反対理由
第六章 築城に関する通説と反対説
 
通説と反対説/築城不要説
第七章 築城否定説(藤本説)
 
築城否定説(藤本説)/築城否定説(藤本説)は正しいか/渡辺博士は〔九年型墨俣譚〕の捏造者か/秀吉築城譚は明治四十年が初見か/築城場所の問題
第八章 築城否定説(勝村説)
 
築城否定説(勝村説)/伏屋一夜城について/秀吉の副状(添状)と伏屋一夜城/その他の付随的な築城否定理由について
第九章 『武功夜話』偽書問題
 
築城存否問題と『武功夜話』偽書問題/地名(富加)問題と『武功夜話』偽書説
第十章 原点(出発点)に戻って
 
築城否定説・『武功夜話』偽書説に対する私見/『信長公記』と『太閤記』と『武功夜話』/築城否定説と『武功夜話』/『武功夜話』に関する一部学者の見解
第十一章 『太閤記』と『豊臣秀吉譜』
 
『太閤記』と秀吉武功譚/秀吉築城譚と『中島文書』/『太閤記』と時代背景/林羅山と『寛永諸家系図伝』および『本朝将軍譜』
第十二章 終章
 
墨俣築城に関する蜂須賀書状(前野家文書〉/結語

●既刊著書(ご注文は、弊社までお問い合わせください)
『史伝 蜂須賀小六正勝』12,000円 ・清文堂出版
『稿本 墨俣一夜城 秀吉出世城の虚実と蜂須賀小六』2,500円・歴研
『阿波 牛田一族の系譜』10,000円・私家版
『訳注 阿淡 藩翰譜』(全12巻セット)30,000円・私家版

読者コメント

 コメントを書く>>

 現在ありません。

図書関連記事

 現在ありません。


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで