▲ホームへクリック!
建物の煙突用石綿断熱材 劣化・飛散の実態と今後の管理について
ISBN978-4-939042-86-7 C0052
編著 中皮腫・じん肺・アスベストセンター
東京労働安全衛生センター
装丁 森本 良成
発行 アットワークス/2013年1月発行
体裁 A5判・164頁・全頁カラー刷・ソフトカバー
定価 本体1,900円+税

   

建物の煙突に残された石綿断熱材の劣化と飛散の実態調査、解体事故・石綿関連疾患に関する報告、建物所有・管理者、建築・石綿除去工事・ボイラー従事者、自治体関係者に向けた石綿断熱材の除去・管理方法や法的整備の提言。

●本書関連ホームページ●
書籍の発行にあわせて、中皮腫・じん肺・アスベストセンターのHPに、煙突用石綿断熱材のページが開設されました。ボイラー関連の詳細な記載、学会抄録、通達、法律関連がHPで詳しく書かれています。今後の詳細な情報なども追加されます。是非一度ご覧ください。
●中皮腫・じん肺・アスベストセンター
http://www.asbestos-center.jp
本書関連ホームページ
http://www.asbestos-center.jp/archive/entotsu/index.html

●目次●
まえがき
序章
 煙突事故の実態
 建物の屋上設備
 煙突用石綿断熱材の問題
第1章 煙突の歴史、建物の煙突と建築設備
 煙突の歴史
 煙突の材料と名称
 空調等建築設備の歴史
 建物と煙突・設備機械室・ボイラーの関連
 公衆浴場の煙突
第2章 煙突内部の保護材(ライニング)と煙突用石綿断熱材
 煙突の機能
 煙突の保護材(ライニング)
 煙突用石綿断熱材の誕生
 過去に使用されたカポスタック以外の煙突用石綿断熱材
 煙突用石綿断熱材が使用されている建物
 建物の煙突数及び煙突用石綿断熱材のある煙突の推定
第3章 煙突用石綿断熱材の実態─目視による調査と判定
 ボイラー・煙突関係者の石綿関連疾患の発症
 煙突用石綿断熱材の劣化の実態
 煙突用石綿断熱材の管理の実態
 煙突用石綿断熱材が原因と思われたバックファイアー事故
 煙突用石綿断熱材の過去の解体の実態
 石綿含有建材建物調査─煙突用石綿断熱材劣化の判定
 目視による劣化度の判定
 煙突調査と調査票
 煙突用石綿断熱材と異なる煙突使用石綿含有建材
第4章 煙突用石綿断熱材の石綿濃度測定
 煙突用石綿断熱材の石綿濃度測定結果
 ボイラー稼働時の石綿濃度測定結果
 今後の測定の課題
第5章 煙突用石綿断熱材の管理方法
 石綿のリスクの考え方
 煙突からの石綿飛散と健康リスク
 煙突用石綿断熱材の管理
 煙突用石綿断熱材の除去工法
 煙突用石綿断熱材除去後の煙突内保護方法
 建物所有者・管理者は、どうすればよいか?
第6章 煙突用石綿断熱材の現行法規について
 ボイラー及び建物の煙突の法的側面
 建物の煙突の管理責任
 建物所有者の遵守すべき事項
 ボイラー・煙突管理会社と関連作業者の遵守すべき事項
 煙突用石綿断熱材の解体と除去業者の遵守すべき事項
第7章 煙突用石綿断熱材の除去実績、ボイラーの事故と種類別資格、煙突と通風方式、安全衛生対策
 現在までに除去された煙突用石綿断熱材の実績結果
 簡易ボイラー等の事故調査結果
 ボイラーに必要な資格とボイラーの種類
 煙突と通風方式について
 ボイラー技士などの石綿安全衛生対策
 煙突用石綿断熱材除去作業の安全配慮対策
終章
 既存の石綿対策の課題と問題点
 煙突用石綿断熱材の法的課題
 煙突用石綿断熱材をめぐる行政の役割と製造者の責任
参考文献
あとがき

読者コメント

 コメントを書く>>

 現在ありません。

図書関連記事

 現在ありません。


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで