▲ホームへクリック!
アンデスの青い空
ISBN 978-4-939042-84-3 C0093
著者 高山 順子
装丁 森本 良成
発行 アットワークス/2012年5月発行
体裁 四六判・280頁・ハードカバー
定価 本体1,600円+税

   

戦時中の疎開生活、戦後の教員生活の体験を生かした中国での日本語教育、在日コリアンやホームステイ米国人・新渡日外国人との出会いや支援活動など、様々な人々との国境を越えた交流の有り様と生き様。

●目 次●
一握りの豆
ルームメイト
さびしいアメリカ
槿と桜
コンドルのふるさと
アンデスの青い空
ずっと一緒に
一万回のグラシアス

●著者プロフィール●
高山 順子 (たかやま じゅんこ)  
1936年生まれ。
1957年、大阪市立公立学校教員に任命され、以後教員となる。
1997年、日中技能者センターより中国の東北育才学校に日本語教師として派遣される。
1998年、在住地の枚方市で外国人の子どもを対象とする『未来につながる子どもの広場』を開設。
*枚方文学の会会員、同人誌『法螺』同人。
*RINK“Rights of immigrants net work in kansai”会員。
*旭区にほん語教室スタッフ。

読者コメント

 コメントを書く>>

 現在ありません。

図書関連記事

 現在ありません。


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで