▲ホームへクリック!
しゃべくりな文字盤屋
ISBN 978-4-939042-69-0 C0036
著者 金善栄(キム ソニョン)
発売 アットワークス/2010年12月発行
体裁 四六判・192頁・ソフトカバー
定価 本体1,400円+税

   

これが文字盤で伝える在日三世障害者の人生や

障害者に生まれてきた在日三世の女性が、施設での生活を経て、多くの人たちと共に自立して生活するなかで巻きおこる波瀾万丈、憧れの藤井フミヤ様とのハワイツアーなど、文字盤(カバー写真)で伝える笑いと涙の人生エッセイ。

目  次

生いたち
●朝鮮人の大家族
 桃谷の家/叫び声/
「障害者」って?/うーん、私って障害があるんかな?/舎利寺の家

施設と学校
●小学校
小学校はどこへ?/施設入所/外泊としつけ/あいうえおを習う/施設の生活/障害児の意地/やっと卒業、そして退院
●中学校
ひねくれてたネズミ養護学校時代/汚い大人の世界/進学希望校
●養護学校高等部
ネズミ養護学校高等部/第八養護学校へ転校

自立の道
●一人旅
初めての飛行機旅行/とんでもないイベントへのお誘い/車椅子で百五十キロウォーク/ねむたい、痛い、しんどい/願掛け成就/介護者なしの一人旅/ムカッ! 障害者への応対
●トランクスの謎
あの〜、ハートのトランクスは誰のですか?
●自立生活
ILP自立体験/自立のはじまり
●「ナイヤガラの滝」事件
天井が落ちてきた
●自立できた達成感
ボロボロになっていく/仲間たちに「ありがとう」
●『ソニョンが行く』出版パーティー
いろんな想いをこめて出版へ/感激のパーティー
●アボジの逮捕
ガセネタで機動隊お越しー
●天橋立大捜査線
またやってもうた!
●藤井フミヤ様
フミヤ様ハワイコンサート/ハワイで遊ぼ!/間近のフミヤ様/ディナーショー/ハワイの空の下のフミヤ様と私

善栄という?…… 元・福山雅治似の アンちゃん
愛する善栄へ…… 木村 浩子


●著者略歴●
金 善 栄 キム ソニョン
在日朝鮮人3世。
「NPO法人日常生活支援ネットワーク」スタッフ。
介助者を使っての一人暮らしの経験を活かし、文字盤を駆使して介助者と障害者双方の相談に当たる。気持ちが楽になると評判である。イベントでの司会や所属NPOスタッフ介護者をおもしろく優しくたくましく育てあげる達人。ソニョン介助ができれば一人前と言われている。
『ソニョンが行く』(私家版、2005年)

図書関連記事

 朝日新聞大阪本社版夕刊(2011年2月22日)
   希望の半生 文字盤で紡ぐ 人が助けてくれる。腹くくってる
   脳性まひの在日コリアン 金善栄さん

▼クリック拡大

 毎日新聞大阪本社版(2011年1月28日)
   「しゃべくりな文字盤屋」在日3世で重度の障害 金善栄さんが出版
   人間の輪つなげる大切さ知って

▼クリック拡大

読者コメント

 コメントを書く>>

 様々な活動をしている友人からもらった本の中に入っていた1冊です。一般的に言う多くの差別の中を強い生命力と明るい性格で生き抜く姿は、教えられること、考えを改めさせられることがたくさんありました。うまくは言えませんが、痛みを感じない凡人たちには辛い思いをしている当事者の発言がもっと必要です。鈍感な者を弁護するのではないのですが、これでもか、これでもかと伝え続けないと分からないのです。(60歳代)

 読んでいて、手にとるように様子がうかがえる金善栄にまた会いたい。障害があるけれど、明るい。何より挑戦者である、前向きが好き。何があっても、生きていける人。一気に読みました。(60歳代)

 今後の善栄さんの活躍を楽しみにしています。楽しく読ませていただきました。(40歳代)


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで