▲ホームへクリック!
ソフトな社会を求めて
ISBN978-4-939042-65-2 C0036
著者 安藤 幹雄
編集 朝日カルチャーセンター
発売 アットワークス/2010年9月発行
体裁 A5判・160頁・ソフトカバー
定価 本体900円+税

   

若者に迫る激動をチャンスに
大手電機メーカーでの北米駐在体験をもとに、戦争の足跡、戦後改革、経済成長とバブル経済の時代を振り返り、教育・選挙・租税制度改革、国と地方行政、経済活動とGDP、税収と財政収支への洞察力の涵養などを訴える提言集。

「男女共同参画社会」が法制化されて11年。
 その効果は身近な社会にも少しずつ波及してきました。今後更に押し進めるには健全な良心と、若者たちの力量が一層必要となります。それはキャンパスからの発信でもあるのでしょう。

 効率一辺倒の経済活動においても女性が半分を占める社会が実現すれば、あたかもフリーウェイ(高速道路)のサービスエリアに入ったかのように、全く違ったゆとりのある豊かな社会を生み出すものと確信したいものです。もっと余裕のあるゆったりとした環境が私たちの身近に整うことでしょう。

図書関連記事

 現在ありません

読者コメント

 コメントを書く>>

 現在ありません


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで