▲ホームへクリック!
今、立ち止まって死刑制度を考えてみませんか。月刊「むすぶ」(No.451)
ISBN978-4-939042-45-4 C0036
編著 ロシナンテ社
著者 水田ふう・亀井静香・左藤恵・赤瀬川勝彦・林真須美ほか
発行 アットワークス/2008年8月発行
体裁 B5判・68ページ・ペーパーバック
定価 本体800円+税

  

司法制度改革として裁判員制度が導入され、被害者感情に呼応した厳罰化や死刑執行が進むなか、市民運動交流誌「むすぶ」が、名もない市民から国権中枢の国会議員まで、死刑制度についての声を集めた特集。

主な内容

死刑廃止の、その気持ち。
………水田 ふう 聞き手 ひおきまりこ

死刑という極刑を求める国家に明日はない
………亀井 静香

死刑廃止について
………左藤 恵

死刑制度について
………赤瀬川 勝彦

暑中お見舞い申し上げます
………林 真須美

あなたに、105人のひとりになってほしい
………坂口 誠也

死刑について思うこと
………猪島 克

それでも死刑は必要か
………橘 智子

人を殺してその血を身に負うものは、死ぬまでのがれびとである。だれもこれを助けてはならない
………菅沢 邦明

死刑について
………佐為田 義己

死刑は男の暴力
………斉藤 綾子


関連情報

死刑廃止京都集会2008秋
▼クリック拡大
●日 時:2008年11月1日(土)13:00〜開場
●場 所:大谷ホール
    (京都市下京区諏訪町通六条下る 東本願寺北側/TEL:075-371-6181)
●内 容:13:15〜オープニング「Don't Kill Live」
          Swing MASA
          佐渡山豊
     14:00〜講演「人を裁くということ」
          作家・高村薫
     15:00〜シンポジウム
          高村薫(作家)
          安田好弘(弁護士)
          木下達雄(浄土宗大林寺住職)
●参加費:1000円
●問合先:080-5325-2690
読者コメント

 現在ありません。

図書紹介記事

 現在ありません。


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで