▲ホームへクリック!
川辺の民主主義
ISBN978-4-939042-42-3 C0036
編者 ロシナンテ社
著者 大熊孝・姫野雅義・松本誠ほか
発行 アットワークス/2008年4月発行
体裁 A5判・204ページ・ソフトカバー
定価 本体1,500円+税


河川・ダム行政から民主主義を問う

徳島県吉野川第十堰問題をめぐる住民投票の経験から流域住民の川への思い、各地のダム問題への取り組みを通して、河川・ダム行政における「民主主義は参加すること」を問いかける現場報告と全国シンポジウムのまとめ。

目次

1章 培われる流域住民の経験

 吉野川の経験………………………………………………… 姫野雅義×巣山太一×豊岡和美

 川を流域住民が取りもどすための全国シンポジウムin徳島より
 「河川法改正から十年 それぞれの挑戦」(まとめ)
 ………【発言者】宮本博司・今本博健・矢上雅義・野田知佑・松本誠【司会】姫野雅義

2章 本当にダムは必要ですか!?

 川の本質と水害を軽減する究極の治水システム………………………………大熊  孝
 分権時代の川づくりーー二級河川・武庫川でめざしたもの …………………松本  誠

 サンルダム問題の現状と住民運動の今後 (北海道)…………………………小野 有五
 八ッ場ダム問題とは (群 馬)…………………………………………………渡辺 洋子
 河川整備計画認可で走りはじめた浅川ダム (長 野)………………………内山 卓郎
 小さく産んで大きく育てる、住民・納税者は蚊帳の外 (大 阪)…………江菅 洋一
 槇尾川ダム問題の経過と現状 (大 阪)………………………………………榊原 鉄次
 未成熟な民主主義??小豆島・内海再開発ダム騒動記 (香 川)……………山西 克明
 山鳥坂ダム計画と住民運動 (愛 媛)…………………………………………有友 正本

3章 水は誰のもの

 生きとし生けるもの「総有の権利」としての水 ………………………………神田 浩史
 水俣の産廃処分場問題から見るアセスメント制度の問題点 …………………高嶋由紀子
 大和川に、光る命と人の輪を! …………………………………………………黒田 伊彦


図書関連記事

 図書新聞(2008年7月26日) 
   流域住民はどのように中央集権体制に勝ったのか
    「みんなが目を向ければ」民主主義は進化する  中村 正憲

クリック拡大▼

関連情報

「川の全国シンポジウム 淀川からの発信」

●日時:2008年11月2日(日)3日(休)
●場所:京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール
●主催:川の全国シンポジウム実行委員会

クリック拡大▼

 

「安威川ダム建設の是非を問う 安威川ダム建設を考える緊急シンポジウム」

●日時:2008年6月22日(日) 正午〜
●場所:大阪府茨木市「いばらき男女共生センター・ローズWAMホール」

クリック拡大▼

    


「どないしよ?うちらの水」〜淀川流域から世界へG8サミットを前に〜

●日時:2008年6月8日(日) 正午〜
●場所:大阪市中之島中央公会堂ホール 
    http://www.city.osaka.jp/kyouiku/sisetu/establish02_10.html
●参加費:無料!!
●プログラム
12:00〜 オープニング:水の映像祭
13:00〜 歓迎の挨拶 三戸一宏(水政策研究所)
13:10〜 琵琶湖からのビデオメッセージ 嘉田由起子(滋賀県知事)
13:30〜 15:30 「シンポジウム」
      菊地信之(国際協力局地球環境課) 
      佐久間智子(JACSES「環境・持続社会」研究センター)
      宮本博司(淀川水系流域委員会委員長) 
      厚生労働省水道課
      久保田和尊(全日本水道労働組合中央執行部書記長)
      コーディネーター:神田浩史(AMネット)
15:45〜16:30 環境落語「笑福亭鶴笑」
16:30〜 閉会
●主催:NPO法人 AMネット、NPO法人 水政策研究所
●後援:外務省、厚生労働省、滋賀県、京都府、大阪府、大阪市
<いずれも予定>
協力:全国のNGO・NPO、労働組合などの各種団体を予定

●主催:AMネット・水政策研究所
●連絡先 〒531-0064 大阪市北区国分寺1-7-14 国分寺ビル6F 
 Tel&Fax 06-4800-0888 http: //www1m.mesh.ne.jp/~apec-ngo/
申し訳ございませんが、事務所に常駐スタッフはおりません。
御用の際は、スタッフのメールkurodaira@rouge.plala.or.jp 

また、5月2日(金)18:30〜対談「どないなってんの?大阪の水、世界の水」〜グローバリゼーション入門!〜を開催します。「水争いを巡る世紀」と予測されている21世紀。私たちの暮らしに欠かせない水道、特に大阪の水が府市の水道統合問題で揺れています。今回は気になっていてもなかなか知る機会がない「世界と大阪の水事情」についてお話し、市民やNGOに何ができるのか、についてもざっくばらんに話し合います。


野田知佑ハモニカライブ 9 〜 のんびりいこか、吉野川 〜 2008,5,31 in 上野

吉野川・東京の会では、徳島県吉野川の自然を守るための支援活動を行っています。
アウトドア作家であり、日本・世界の川を駆けめぐるカヌーイストでもある野田知佑さんの協力を得て、吉野川の美しさ、自然を守ることの大切さ、川で遊ぶことの楽しさを、一人でも多くの方にお伝えするために、野田知佑ハモニカライブを毎年開催しています。
作家の夢枕獏さんからは、最新作「キマイラ」の裏話や、獏さんの秘めたおもしろおかしい世界が繰り広げられることでしょう。mont-bel創業者である辰野勇さんからは、静かに響きわたる横笛の音が。
おやじたちの魅力、吉野川の魅力に、たっぷりと浸ってください。皆様のご参加をお待ちしております。
このイベントの収益は、吉野川の自然を守る活動に使われます

●日 時:2008年5月31日(土)
    (開場:13:30 開演:14:00〜 終了19:00(予定))
●会 場:上野公園水上音楽堂(上野公園 不忍池の南側、雨天開催)
●参加者:600名(全自由席)
●参加費:1,800円(中学生以下無料)<割引 1,500円>
      イベントチラシ、Webページをプリントしてご持参の方は割引!
      <当日券のみ>参加費は入場の際に入り口でお支払いください。
●出演:野田知佑(作家・カヌーイスト)
    辰野 勇(冒険家・モンベル創業者)
    夢枕 獏(作家・釣り人)
●時間割:
  1限目 川の楽団演奏会(野田校長、辰野教頭のれんしゅう/ハルユキ、PTAの演奏)
  2限目 野田校長の川の学校のおはなし
  3限目 夢枕獏先生の「夢のネタばなし」
  4限目 ハモニカライブ(野田校長のハモニカ、辰野教頭の横笛)
  ホームルーム チャリティ・オークション
  課外授業 野田校長・夢枕獏先生のサイン会

●会場販売:野田知佑ハモニカライブオリジナルTシャツや、出演者の書籍などの販売。徳島名物のフィッシュカツやジャコ天、お飲物等を用意しています。プログラムの最後には、恒例のオークションも実施。お楽しみに!
●交通:東京メトロ千代田線湯島駅・銀座線上野広小路駅 徒歩3分/JR御徒町駅・上野駅 徒歩6分/都営大江戸線上野御徒町駅 徒歩4分
●主催:吉野川・東京の会
●イベントHP:http://www.axera.co.jp/uenoda/

読者コメント

 現在ありません

図書紹介記事

 現在ありません


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで