▲ホームへクリック!
春のうねり
ISBN 978-4-939042-40-9 C0093
著者 得津 美惠子
編集 朝日カルチャーセンター
発行 アットワークス/2008年2月発行
体裁 四六判・200ページ・ソフトカバー
定価 本体1,000円+税

   

第103回コスモス文学新人賞長編小説部門奨励賞受賞

愛は人の想像を はるかに超える

祖父の技を継ぐ28歳の表具師の若者と
地元の名家に嫁いだ32歳の歯科医師夫人。
和歌山の紀北筋にある門前町で
秘かに芽生えた恋心は
静謐な日常に次第に波紋を広げていく。
「逃げなくていいんだ」
愚直な青年のひたむきな愛を
あなたは受け留められますか…

著者プロフィール
元日本航空国際線客室乗務員
着物コンサルタント
第10回キリンファミリー賞エッセイ佳作(1993年)
第103回コスモス文学新人賞長編小説部門奨励賞(2007年)
和歌山ライオンズクラブ誌 エッセイ連載(1996〜2003年)
ニュース和歌山 小説「愁歌」連載(2007年〜2008年)
南紀州熊野新聞 小説「波の向こうに」ほかエッセイ連載(2007年)
和歌山新報 小説「波の向こうに」連載(2007年)

『得津美惠子』のお手伝い係「エム」の日誌
http://mieko-tokutsu.jugem.jp/
和歌山県出身の小説家『得津美惠子』をサポートする「エム」の日誌です★


関連情報

●4月13日(日)午後2時〜3時、和歌山市宮井平安堂で著者サイン会を開催
 宮井平安堂(本店)和歌山市 本町1-18
 (TEL:073-431-1331/FAX: 073-428-0518)

●3月1日(土)午後2時〜3時、和歌山市宮井書店(JR和歌山駅4階)で著者サイン会を開催
 宮井平安堂(ステーション店)和歌山市 美園町5‐6
 (TEL:073-422-3787/FAX: 073-425-8871 )

●3月1日(土)「ニュース和歌山」に記事が掲載されます。

●2月28日(木)13時〜和歌山放送「むつろうの午後はなるほどっ」(13時30分頃)に著者が出演

●2月27日(水)18時〜テレビ和歌山「@あっと!テレわかNEWSスタイル」に著者が出演

●2月25日(月)午後9時30分〜和歌山放送「夢Wa途中」に著者が出演
 wbs和歌山放送周波数
 和歌山・串本 1431KHz
 橋本・高野山 1485Khz
 御坊・新宮 1557KHz
 田辺白浜・日置川すさみ 1233KHz

読者コメント

 少し古風な感じがしましたが、自分は小説はいろいろあっていいと思います。この本を読んで、綾野さん、剛さん、菖毅さんなど、深く印象に残り、力作には魂が入るということを感じた。読書は好きな方ですが、今まではほとんど小説は読まず、モチベーションの上げる物ばかりを読み、ノンフィクション、自伝、戦記、ビジネス書などですが、定年が近くなる最近は、女流作家の官能ラブロマンス小説を手始めに分野を広げています。(50歳代)

 ストーリーの展開にわくわくしながら一気に読んでしまった。この続編も期待していますとともに作家として更なる飛躍を願っています。(60歳代)

 嘉ヱ門に続き剛も亡くなってしまい、菖毅の高笑いが聞こえてきそう。綾野は剛の忘れ形見をかかえて実家にもどるのでしょうか。あまりにも哀しい結末に胸がつまる思いです。菖毅もそう簡単に離婚に応ずるようには思えないし、どちらにしても不倫をした上になんか幸せはありません。それにしても菖毅という男はなかなか勘のするどいいやな男だというのがよく描かれていました。余計なお世話と言われるかも知れませんが、もしテレビ化されるようなら、私は毅には「永井大」以外にぴったりする人物はないと思います。(50歳代)

 こんなにはげしい愛があるのかと思い知らされた。(60歳代)

 切なく感じる所も有り、いちずな二人の愛し合う気持ちが書かれていて凄くいい作品でした。読んでいて悲しくなる所も有り、二人は幸せに結ばれたのか気になりました。二人のこの後が知りたく思いました。これからも、素晴らしい作品を書いて行って下さい。楽しみにしています。(30歳代)

図書紹介記事

 産経新聞 読書(2008年5月4日)

▼クリック拡大

 朝日新聞 和歌山県版(2008年4月26日)
   コスモス文学新人賞「春のうねり」で奨励賞・得津美恵子さん
   和歌山の魅力伝えたい

▼クリック拡大

 産経リビング(2008年3月15日)
   人を愛することの本質を描く
   粉河を舞台に恋愛小説 大人の本当の愛を細やかに

▼クリック拡大

 和歌山新報(2008年3月12日)
   小説『春のうねり』を初出版
   和歌山市の得津さん

▼クリック拡大

 南紀州新聞(2008年3月6日)
   『春のうねり』出版
   和歌山市の得津さん

▼クリック拡大

 ニュース和歌山(2008年3月1日)
   天国へ捧げる一冊
   和歌山市の得津美恵子さん 小説『春のうねり』出版

▼クリック拡大

 毎日新聞 和歌山版(2008年2月29日)
   コスモス文学新人賞 「春のうねり」初出版
   奨励賞受賞の得津さん 

▼クリック拡大


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで