▲ホームへクリック!
どうなっているの? 日本と世界の水事情
グローバリゼーション × 水 × 市民・NGO
ISBN 978-4-939042-39-3 C0036
編著 神田浩史・佐久間智子・松平尚也・山本奈美
発行 アットワークス/2007年12月発行
体裁 A5判・140ページ・ペーパーバック
定価 本体1,200円+税

  


途上国援助として推進された水道事業の私営化・商品化に対して世界各地で反対運動が広がるなか、市民・NGOの視点から日本と世界の水(道)事情を報告、生活を見直し、基本的人権として“水問題”に取り組む方向性を提起する。
・・・・・ も く じ ・・・・・
はじめに……山本 奈美
対談 今、世界と日本でホットな水事情……神田浩史×佐久間智子
第1章 どうなっているの? 日本の水道基礎事情
 蛇口に水が届く道のり……辻谷 貴文
【コラム】第三者委託制度と指定管理者制度 …… 久保田 和尊
 おいしい飲み水ができる仕組み……中本 信忠
第2章 日本(自治体)の水道事情最前線・列島リレー
 大規模断水の背後にあるもの 北海道北見市のケースから考える……越田 清和
 ダムの化身「広域水道」に飲み込まれた山形県鶴岡市水道のいきさつとゆくえ……草島進一・保屋野初子
 「いのちの水道」を業務委託しようとする東京都水道局と全水道労働組合の闘い……上村 時彦
 群馬県太田市における水道事業の業務委託……自治労公営企業評議会
 広島県三次市での水道事業の全面民間委託……自治労公営企業評議会
 水の「消費者」から「主権者」へ 佐賀市の水道事業の民間委託をめぐって……藤井 大輔
 佐賀市における水道事業への指定管理者制度適用阻止の闘い……久保田 和尊
第3章 水の私営化をめぐる世界の状況
 水の私営化をめぐる世界の状況……山本 奈美
 ペットボトルが問いかける未来 岐路に立つウォータービジネス……内田 聖子
まとめにかえて
 日本における公共の水管理とは……神田 浩史
【資 料】水問題に取り組んでいるネットワークサイト一覧
あとがき……松平 尚也

関連情報

「安威川ダム建設の是非を問う 安威川ダム建設を考える緊急シンポジウム

●日時:2008年6月22日(日) 正午〜
●場所:大阪府茨木市「いばらき男女共生センター・ローズWAMホール」

クリック拡大▼

    


「どないしよ?うちらの水」〜淀川流域から世界へG8サミットを前に〜

●日時:2008年6月8日(日) 正午〜
●場所:大阪市中之島中央公会堂ホール 
    http://www.city.osaka.jp/kyouiku/sisetu/establish02_10.html
●参加費:無料!!
●プログラム
12:00〜 オープニング:水の映像祭
13:00〜 歓迎の挨拶 三戸一宏(水政策研究所)
13:10〜 琵琶湖からのビデオメッセージ 嘉田由起子(滋賀県知事)
13:30〜 15:30 「シンポジウム」
      菊地信之(国際協力局地球環境課) 
      佐久間智子(JACSES「環境・持続社会」研究センター)
      宮本博司(淀川水系流域委員会委員長) 
      厚生労働省水道課
      久保田和尊(全日本水道労働組合中央執行部書記長)
      コーディネーター:神田浩史(AMネット)
15:45〜16:30 環境落語「笑福亭鶴笑」
16:30〜 閉会
●主催:NPO法人 AMネット、NPO法人 水政策研究所
●後援:外務省、厚生労働省、滋賀県、京都府、大阪府、大阪市
<いずれも予定>
協力:全国のNGO・NPO、労働組合などの各種団体を予定

●主催:AMネット・水政策研究所
●連絡先 〒531-0064 大阪市北区国分寺1-7-14 国分寺ビル6F 
 Tel&Fax 06-4800-0888 http: //www1m.mesh.ne.jp/~apec-ngo/
申し訳ございませんが、事務所に常駐スタッフはおりません。
御用の際は、スタッフのメールkurodaira@rouge.plala.or.jp 

また、5月2日(金)18:30〜対談「どないなってんの?大阪の水、世界の水」〜グローバリゼーション入門!〜を開催します。「水争いを巡る世紀」と予測されている21世紀。私たちの暮らしに欠かせない水道、特に大阪の水が府市の水道統合問題で揺れています。今回は気になっていてもなかなか知る機会がない「世界と大阪の水事情」についてお話し、市民やNGOに何ができるのか、についてもざっくばらんに話し合います。


市民が提案する「もう一つの環境サミット」

 5月24日(土)〜25日(日)、神戸においてG8環境大臣サミットとそれに伴う各種イベントが計画されています。
 この機会に、私たちは地球温暖化や環境問題について、G8やグローバリズムや国の枠でなく市民の視点でとらえ、問題提起したいと考えます。
 NGOやNPO、市民団体の有志の皆さんの協力を得て、「市民が提案するもうひとつの環境サミット(略称・市民環境サミット)を開催しようと準備しています。
 主旨に賛同いただき、積極的に参画していただきますようお願い申し上げます。
●詳細:http://www.geocities.jp/CES_kobe/index.html
●日時:5月24日(土)13:00〜/25日(日)10:00〜
●会場:24日=私学会館・会議室(神戸市「元町」駅・北西4分)
    25日=学校厚生会館・ホール(私学会館向かい)
●主催:市民環境サミット実行委員会(078-751-2853)
●呼びかけ人:飛田雄一(神戸学生青年センター館長)喜多幡佳秀(ATTACK関西)能村聡(神戸まちづくり研究所)恩田怜(みどり関西)
●賛同人:青木敬介・大林ミカ・川田龍平・讃岐田訓・中山千夏


対談「どないなってんの?大阪の水、世界の水」〜グローバリゼーション入門!〜

「水争いを巡る世紀」と予測されている21世紀。温暖化とともに世界の水問題がクローズアップされるようになりました。その一方、私たちの暮らしに欠かせない水道、特に大阪の水が府市の水道統合問題で揺れています。今回は気になっていてもなかなか知る機会がない「世界と大阪の水事情」についてお話し、市民やNGOに何ができるのか、についてもざっくばらんに話し合いたいと思います。初めての方の参加も大歓迎!
 また6月8日(日)のグローバルな水問題を考えるイベント「どないしよ?うちらの水」〜淀川流域から世界へG8サミットを前に〜を中之島公会堂大ホールで開催します。こちらの運営ボランティアも大募集中です!

●日時:5月2日(金)18:30〜20:30
●場所:聖パウロ協会一階会議室
     http://park15.wakwak.com/~knc/sub/knc_map.htm
●参加費:無料!!
●スピーカー:「どないなってんの?大阪の水、世界の水」
        北川雅之(大阪市水道労働組合)×堀内葵(AMネット事務局長)
●主催:AMネット・水政策研究所
●連絡先 〒531-0064 大阪市北区国分寺1-7-14 国分寺ビル6F 
 Tel&Fax 06-4800-0888 http: //www1m.mesh.ne.jp/~apec-ngo/
申し訳ございませんが、事務所に常駐スタッフはおりません。
御用の際は、スタッフのメールkurodaira@rouge.plala.or.jp 


【1・26】どうなっているの日本と世界の水事情〜アジア・太平洋水サミット報告〜

「水争いを巡る世紀」と予測されている21世紀。世界の「淡水が不足」していると、最近ニュースで聞かれるようになりました。地球温暖化、都市部への人口の集中、途上国での水需要の増加などがその理由だとされています。
「う〜ん、自分とはあんまり関係なさそう」と思えますが、実は「世界の水不足」と日本に暮らす私たちの生活とは、大きく関係あるのです。グローバル化が進む中、輸入食物に大きく依存していて成り立っている私たちの生活は、海外の「水」動向に大きく関与していることになります。

日本では現在、蛇口をひねれば安全な飲み水を簡単に得ることができます。しかし、うかうかしていると安全な飲み水の供給が不安定になるかもしれない、という局面を迎えているのが日本の水事情。
こんな状況の中、2007年12月に大分・別府で「アジア・太平洋水サミット(APWS)」が開催されました。サミットに参加したNGOや労働組合のメンバーからの報告とともに、ふだんは気になっていてもなかなか知る機会がない「日本と世界の水事情」についてお話し、市民やNGOに何ができるのか、についてもざっくばらんに話し合いたいと思います。初めての方の参加も大歓迎!
みなさまのご参加お待ちしています!

場所:大阪市水道局職員研修センター 101・102会議室 大阪市都島区中野町5-2-28
(JR環状線「桜ノ宮」駅下車すぐ)
http://www.owsa.or.jp/gyoumu/okyaku/kensyusenta/index.html#b

時間:14:00-17:00

【プログラム詳細】
14:10-14:30「アジア太平洋水サミットとは何か」神田浩史(AMネット)
14:30-14:45「世界の水道民営化」山本奈美(CEO/TNI Waterプロジェクト)
14:45-15:00「気候温暖化と水問題」松平尚也(アジア農民交流センター、AMネット)
15:00-15:30「河川の流域と住民」チャイパン・プラサバット(コミュニティの権利研究所)
15:30-15:45「APWSにおける全水道の活動報告」北川雅之(大阪市水道労働組合)
15:45-15:55「水道の現場と市民を結ぶ」辻谷貴文(NPO水政策研究所)
16:00-17:00「ディスカッション」
共催:水政策研究所・AMネット
協力:大阪市水道労働組合

連絡先 TEL&FAX:06-4800-0888 http://www1m.mesh.ne.jp/~apec-ngo/
申し訳ございませんが、事務所に常駐スタッフはおりません。御用の際は、スタッフのメールkurodaira@rouge.plala.or.jp までご連絡下さい

読者コメント

 「世界水フォーラム」の意味するところ、本質がよく理解できた。恐ろしいことが裏で進行している。(50歳代)

 塩素消毒されている急速濾過処理の水道水が多くなり、古い時代の緩速濾過処理施設を急速濾過処理装置に改めて、水道水の味を悪くしたり、水源を大型ダムに切り替えて、水道料金の引き上げを招いている所が多いと思われます。
 美味しい水道水の提供が、公共事業で完全実施され続ける日本でありたいと思います。
 もっと強くこのことを訴えて欲しく思いました。(70歳代)


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで