▲ホームへクリック!
命のキャンドルライト
ISBN 978-4-939042-38-6 C0095
著者 宇津見 祐磨
発行 アットワークス/2007年12月発行
体裁 四六判・372ページ・ハードカバー
定価 本体1,900円+税

  


幼年期からの過酷な血友病治療、薬害エイズ・肝炎禍に対する政官業追及など、苦痛に苛まれる厳しい日常をユーモアを交えて記した闘病史。
 主な内容
はじめに
 これから記述する物語は、血友病との闘いと、それを通して自分の身に起こった、これまでの出来事を素直に書き記したものである。
 人生には人それぞれに試練が用意されているが、これら試練に打ち勝つための修行の場が、この現実であると私は最近思い始めた。
 これより自らの人生を振り返り、過去の記憶をたどりよみがえらせながら、できるだけ多くのことを思い出し述べていきたいと思っている。
 この手記を書くに至った動機とは、様々な難病が存在する中で、同じ血友病の人々や病名こそ違うにしろ、苦しみの中で闘っておられる人たちに希望を捨てずに生きてもらいたいと思ったからである。
 そして、「人間は温かい愛に支えられてこそ闘える」と私が知った経緯を一人でも多くの人々に知っていただきたいと感じたからでもあった。
 同時に“生きるとは何か? 自分自身の存在とは何か?”を自分なりに考え、強く生きるとは、どういう生き方なのか? 模索してきた姿を読者の方々に見つめていただければ光栄である。
 未来に向け、HIVウイルスに苦しむ人々が、私にもできたように、勇気と希望をいつまでも持ち続けられることを深く祈りたいと思う。そしてもう一度、エピローグにて、お会いできるよう心より願っている。

第1章 宿命の産声
第2章 汚れた血
第3章 決 断
第4章 戦慄の日々
第5章 貧しき心
第6章 閉ざされた扉
第7章 心身修復への出航
第8章 神風に想いを託し
第9章 復活への序曲
第10章 奇跡……眠らず
第11章 FOREVER
第12章 終わりなき旅立ち
第13章 心切り裂く稲妻
第14章 希望ある未来へ
第15章 真実の逆襲
第16章 砂漠の果て
第17章 最大の危機
第18章 封印された徹底究明

読者コメント

●現在ありません。


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで