▲ホームへクリック!
未来を奪う アジアのアスベスト使用
ISBN 978-4-939042-36-2 C0036
著者 ローリー・カザンアレン
翻訳 安間 武
編著 石綿対策全国連絡会議
発行 アットワークス/2007年11月発行
体裁 A5判・100ページ・ソフトカバー
定価 本体800円+税

   


アジア全体で増加するアスベスト使用状況に対して、先駆的な被害者団体・非政府組織・労働運動家などの活動に光を当て、アスベスト根絶への国際的・学際的協力活動を提起する国際アスベスト禁止事務局メンバーの翻訳報告書。
 主な内容

はじめに
アスベスト問題を概観する
アジア諸国のアスベスト経験
 
中国・インド・タイ・ベトナム・インドネシア・パキスタン・韓国・日本
アジアにおける有害廃棄物の投棄
  インドの船舶解体
  バングラディシュにおける船舶解体
  事例研究:SSフランス号・SSノルウェー号・SSブルーレディ号
自然災害
  阪神淡路大震災 一九九五年
  インド洋津波 二〇〇四年
  インドネシア地震 二〇〇五年

代償を払う
国際機関による取り組み
世界の労働者はアスベストを拒絶する
  事例研究:アジアにおけるアスベストに対する労働組合の活動
境界を越える協力 学問領域と文化
  アスベストに関するアジアの取り組み
  被害者
  事例紹介:日本のアスベスト患者の結集
結びの言葉
付録

図書関連記事

 現在ありません。

読者コメント

 現在ありません。


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで