▲ホームへクリック!
アスベストショック クボタショックから2年
写真と報告でつづるアスベスト被害尼崎集会 2007.6.30〜7.1
ISBN 978-4-939042-33-1 C0036
編著 アスベスト被害尼崎集会実行委員会
発行 アットワークス/2007年11月発行
体裁 A5判・200ページ・ソフトカバー
定価 本体1,400円+税

爆発! 拡大するアスベスト被害
クボタショックから2年、そして、これから…
格差と隙間のない補償と救済、
アスベストのない社会の実現をめざし、
被害者と支援者の思いがつながった。

 主な内容
アスベスト公害の原点 クボタショック
アスベスト被害 各地の状況
兵庫県尼崎市/横浜市鶴見区/大阪府泉南地域/大阪府河内長野市/奈良県斑鳩町・王寺町/岐阜県羽島市
アスベスト被害をめぐる医療・法律・補償の現状

アスベスト被害尼崎集会実行委員会
中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会/中皮腫・じん肺・アスベストセンター/尼崎労働者安全衛生センター/中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会(尼崎支部)/ひょうご労働安全衛生センター/関西労働者安全センター/全国労働安全衛生センター連絡会議

関連情報

“クボタショック”から7年
アスベスト被害の救済と根絶をめざす尼崎集会
日時:2012年6月30日(日)正午〜16:30
場所:兵庫県尼崎市・小田公民館(JR尼崎駅東北すぐ/TEL:06-6495-3181)
参加:自由・無料
問い合わせ先:尼崎労働者労働安全衛生センター(TEL :06-4950-6653)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~amasafe/html/index.html
主 催:中皮腫・アスベスト疾患 患者と家族の会/同 尼崎支部/尼崎労働者安全衛生センター
後 援:石綿対策全国連絡会議/尼崎市 ほか
内容:
・映像でふり返るクボタショック 
 明日への伝言−矢木龍八からのメッセージ
・アスベスト被害者は訴える
・尼崎市石綿被害調査結果報告(何が明らかになったのか)……市保健所担当者・尼崎安全センター
・アスベスト関連疾患治療の現段階……名取雄司(アスベストセンター所長、医師)
・音楽と講談で元気をつけよう……「空をゆくツバメ」、旭堂南陵師匠
・韓国でのアスベスト被害との闘い……現地より集会参加
・石綿被害とたたかう泉南から……泉南国賠訴訟原告ほか
・石の綿問題・マンガが完成しました!……神戸大、精華大
・肺がんの認定を拡げる闘いなど裁判原告紹介
・2012アスベスト被害根絶尼崎宣言
アスベスト写真展(東日本大震災とアスベストなど):AM10 時より ホール前ロビーにて
アスベスト相談会:AM10 時〜正午 公民館2Fにて
集会、写真展、相談会ともどなたでも参加できます。(無料)

 
読者コメント

 最近は石綿関連の報道も下火ですが、本書の感動的な内容に救われる気がします。
 業界の力関係や圧力など、いろいろと苦労もあることとお察しいたしますが、どうかこれからも石綿関連の追及(?)を続けてください。
 本当に素晴らしい感動的な本でした。どうもありがとうございました。

図書紹介記事

 介護保険情報(2007年12月) Book review 20 ケア読考感
 『明日をください アスベスト公害と患者・家族の記録』に続き、『アスベストショック クボタショックから2年 写真と報告でつづるアスベスト被害尼崎集会』がこのほど発刊された。去る7月の「アスベストのない社会を! 尼崎宣言2007」に至る2年間をふりかえり未来を展望する集会の記録だ。

▼クリック拡大

 朝日新聞(2007年11月14日)
   被害者らの闘い出版
   アスベストショック クボタショックから2年
   尼崎集会様子紹介 理不尽な公害 記録

▼クリック拡大

 毎日新聞(2007年11月9日)
   アスベストショック
   被害発覚から2年 関心持ち続けて
   患者ら、今夏の集会を本に

▼クリック拡大

 産経新聞(2007年11月7日)
   アスベスト被害忘れずに
   尼崎集会紹介の本出版 患者と家族の会など

▼クリック拡大

 神戸新聞(2007年11月2日)
   石綿被害の悲惨さ刻む 「クボタショックから2年」刊行
   尼崎集会の様子など収録

▼クリック拡大

 読売新聞(2007年10月30日)
   石綿禍 集会の記録出版
   患者・支援団体など「被害の拡大伝えたい」

▼クリック拡大


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで