▲ホームへクリック!
明日をください  アスベスト公害と患者・家族の記録
ISBN 978-4-939042-20-1 C0036
著者 今井 明(写真・文)
編集 『明日をください』出版委員会
発行 アットワークス/2006年10月発行
体裁 B5判・108ページ・ペーパーバック
定価 本体1,500円+税

   

アスベスト問題は終わっていない
米軍横須賀基地・旧国鉄などでアスベスト(石綿)被災した中皮腫患者・家族の喜怒哀楽を取材・撮影、「クボタ・ショック」から石綿健康被害救済法の制定、今後も増え続ける被害者と終わりのない「公害」アスベスト問題を訴える写真集。
  • 目 次
    労働災害からアスベスト公害
    第1章 国を相手にアスベスト訴訟
        米海軍横須賀基地石綿じん肺訴訟
    第2章 造船と基地の街・横須賀のアスベスト
    第3章 中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会
    第4章 証言を始めたアスベスト被害者
    第5章 証言
    クボタ・ショック
    第6章 クボタ・ショックから石綿健康被害救済新法
    第7章 アスベストQ&A
読者コメント

 今井明さん(著者)の地道な活動の成果が、アスベスト問題解決への突破口となるものと信じています。患者さん(被害者)との信頼関係は、今井さんの人柄(静かで真面目な)をよく表しています。隣国・中国の公害への現状を憂うものです(60歳代・男性)

 1950年代から解っていたアスベストの健康被害。2005年のクボタ事件(旧神崎工場)で、驚くような環境被害の実態が明らかになった。そして新しい法律(石綿(アスベスト)による健康被害の救済に関する法律「石綿新法」)まで出来た(中身のない法律だが)。この問題にそれ以前から取り組んできた、カメラマン・今井明氏が足を使って取材・撮影した貴重なものが、被害者や支援者の切実な声がこの一冊に凝縮された 素晴らしい写真集だと思う。一家に一冊、また全国の図書館に置いて欲しい一冊だと思います。(50歳代・男性)

 読ませていただきありがとうございました。水俣病、カネミ油症問題、差別の問題、また2001年2月10日にあったえひめ丸の事故等読み進めて、今回アスベスト問題をもっと知りたいと思い、この本を読みました。事故はある時しかたがない場合もあるのでしょうが、全てにおいて言えるのは、この愛する日本という国の社会体制が、人一人に対してあまりにつめたいということです。
 水俣病のこと、ハンセン病のこと、沖縄のこと等、今たいへんな思いで生きておられる方々をもっともっと紹介してほしいと思います。
 もっともっと勉強し、これからの社会に役立たせてもらおうと思っています。
 写真一人一人の顔がとっても良い表情でうれしいです。(50歳代・男性)

   
図書紹介記事

 介護保険情報(2007年12月) Book review 20 ケア読考感
 『明日をください アスベスト公害と患者・家族の記録』に続き、『アスベストショック クボタショックから2年 写真と報告でつづるアスベスト被害尼崎集会』がこのほど発刊された。去る7月の「アスベストのない社会を! 尼崎宣言2007」に至る2年間をふりかえり未来を展望する集会の記録だ。

▼クリック拡大

 産経新聞(2007年6月30日)
   アスベスト禍 クボタ・ショック2年 被害全容いまだ不透明
   中皮腫で母死亡 子も「要観察」
   「穏やかな表情」が語る悲惨 今井明さん、尼崎で写真展

▼クリック拡大

 神戸新聞(2007年6月30日)
   クボタ石綿被害発覚から2年  肖像で迫る「身近な問題」
   尼崎被害者撮った写真展 告発の故人含む60点
だわり

▼クリック拡大

 神戸新聞(2007年6月26日)
   理不尽被害 写真で訴え
   クボタ石綿発覚、29日で2年
   穏やかな表情にこだわり 

▼クリック拡大

 東京新聞(2007年1月9日)
   じん肺の苦しみ知って アスベスト公害の写真集出版
   川崎市のカメラマン 患者と家族の記録70点 

▼クリック拡大

 地方小出版情報誌アクセス(第359号・2006年12月1日)

▼クリック拡大

 毎日新聞(2006年11月25日)「ひと」
   アスベスト被害者をとり続ける写真家 今井明さん
   苦しみだけで 人は生きていない

▼クリック拡大

 ふぇみん(2006年11月15日)「本」

▼クリック拡大

 労働者住民医療(2006年10月25日)「Book Review」
   永倉冬史(中皮腫・じん肺・アスベストセンター事務局長)

▼クリック拡大

 原子力資料情報室通信(2006年10月1日・No.388)
   永倉冬史(中皮腫・じん肺・アスベストセンター事務局長)

▼クリック拡大

 かけはし(2006年9月25日・No.1945)

▼クリック拡大

 週刊金曜日(2006年9月15日)きんようぶんか 読書
   わが身を挺して被害者が訴えたもの  粟野仁雄

▼クリック拡大

 朝日新聞・神奈川県版(2006年9月3日)
   病床の「笑顔」撮りアスベスト禍訴え
   患者らの写真集出版 フリーカメラマン川崎区の今井さん

▼クリック拡大

 中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会会報(2006年9月・No.10)

▼クリック拡大

 朝日新聞(2006年8月31日)
   笑顔が問う「石綿」 中皮腫患者らの写真集 カメラマン今井さん出版
   どこにでもいる家族 被害に  終わらぬ「公害」撮影続く

▼クリック拡大

 全石油昭和シェル労組「パイプライン No.473」(2006年8月18日)
   明日を奪われたひとたちの笑顔

▼クリック拡大

 社会新報(2006年8月2日・NO.4403)
   「まだ終わっていない」と訴え

▼クリック拡大

 レイバーネット(2006年8月1日)

▼クリック拡大


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで