▲ホームへクリック!
もしも化学物質過敏症になってしまったら …それぞれの克服対策とは…
ISBN 978-4-86580-104-0 C0036
編著者 足立 和郎
執筆者 日野 美奈・秋山香菜子・吉本 敬光・山本 章一(仮名)・北里 恵子(仮名)・藤井 淑枝
発行 アットワークス/2015年8月発行
体裁 A5判・206頁・ソフトカバー
定価 本体1,800円+税

  

ニオイで苦しむ人に。化学物質過敏症かもしれないあなた。香料や芳香剤で困っていませんか? シックハウスで苦しんでいませんか?
家庭や職場などに溢れる化学物質によって、化学物質過敏症を発症している被害者たち。
さまざまな困難をもたらす日常生活のなかで、命がけでまとめた体験記。

● 目次 ●
はじめに
化学物質過敏症を発症する人が増えている 〜香害は公害です〜 足立 和郎
早期発見と対策が重症化を防ぐ 〜薬剤散布による化学物質過敏症体験〜 日野 美奈
歯科治療と化学物質過敏症 〜命がけで生きた日々、そして今〜 秋山香菜子
大黒柱の発症と改善策 〜世帯主のCS発症をどう乗り切るか〜 吉本 敬光
田舎暮らしのCS体験記 〜職場の香害問題を問う〜 山本 章一
(仮名)
子どもの就学と化学物質過敏症 〜入学から卒業までを細かく解説〜 北里 恵子
(仮名)
CS発症後の対策と共同住宅の暮らし方 〜発症直後の方に向けて〜 藤井 淑枝
あとがき
資料
読者コメント

 コメントを書く>>

 私が過敏症になってしまい、色々と対応に困っています。私と同じように義親、主人に理解してもらえず、声を上げても問題児扱い。他県から嫁に来ているので相談する人もなく、苦しい日々です。色々な人の話を知れたり、医療機関が知れたことで良かった。今出身地である高知病院受診を考えています。このような本が書店にあれば良いのにと思っています。(40歳代)

 ・FaceBookの友達にCSの方がいたこと。
   ・自分が少年鑑別所に勤め上げ、脳障害の子どもの実態について理解していたこと。
   ・自分が脳梗塞を2回経験し高次脳機能障害者であったこと。
   ・覚せい剤・有機溶剤乱用の実態を知っていたこと。
このようなことを経験していなかったら、この本を買おうとはしなかっただろう。(60歳代)

 私は香料で苦しんでいますから、この本は本当に嬉しく有り難い内容でした。香料のはん濫は医療・介護の現場も同じです。ヘルパーやケアマネの香料で、利用者は苦しんでいます。高齢弱者の声は切り捨てられ、どんなに「香料をつけないで来てほしい」と言っても耳を貸さず、知らんぷりです。世話になっている立場からの要望は勇気がいります。(70歳代)

図書関連記事

 中日新聞夕刊(2015年10月24日)「ゆうかんさろん」

▼クリック拡大▼


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで