▲ホームへクリック!
アスベストに奪われた花嫁の未来 エタニット・パイプによるアスベスト被害者の声
ISBN 978-4-86580-102-6 C0036
著者 北穂さゆり
編集 エタニットによるアスベスト被害を考える会
発行 アットワークス/2015年6月発行
体裁 A5判・96頁(グラビア8頁・本文88頁)・ペーパーバック
定価 本体1,000円+税

  

1985年(昭和60年)まで製造され続けたエタニットパイプ(アスベストセメント水道管)により、労働者やその家族、周辺住民の命を脅かす健康被害が発生している。裁判によって明らかにされたアスベスト被害の実態を記録するドキュメント。

● 目次 ●
グラビア 封印されていた写真
序章  《奪われた花嫁の未来 封印されたアスベスト被害》
第1章 クボタショックとエタニットの被害
第2章 これまでの日本エタニット裁判
第3章 大宮工場の構造・作業工程
第4章 被害者たちの声
第5章 明らかになった企業責任
第6章 問われる国の責任
第7章 残された課題
第8章 公害への拡がり
日本エタニットパイプ問題略年表
参考文献     
あとがき
読者コメント

 コメントを書く>>

 現在ありません。

図書関連記事

 毎日新聞(2015年10月21日)

▼クリック拡大▼
毎日新聞


お問い合わせは、メール・FAX・電話で、アットワークスまで